CCI RECRUIT SITE CCI RECRUIT SITE

ENTRY
MENU MENU

ENTRY

新卒採用へエントリー

学生セミナーへエントリー

中途採用へエントリー
(募集職種一覧)

MENU

STAFFTALK社員について知る

幅広い業務を通して、SNSの成長に貢献する
(WEB広告コンサルタント)

T.O. 2018年中途入社

  • まずお一人ずつ自己紹介をお願いします。
    K.M 2012年に中途で入社し、現在は大手SNSを扱うチームのチームマネージャーをしています。休みの日は子供と遊んだり、フットサルをしたりしています。CCIのフットサル同好会にも入っていますが、最近は媒体社と一緒にフットサルをすることが多いですね。

    M.K 2017年に新卒で入社して、初期配属から現在のチームに所属しています。休日は友達と遊んでいることが多いのですが、最近友達とシェアハウスに住み始めたので、一緒に住んでいる友達とよく飲み歩いています(笑)

    m.k 2018年に新卒入社しました。ジーパンをいい味が出るまで育てていくのが趣味なので、休日は朝早くからジーパンを履いて歩いたりしています。代々木上原駅で電車を降りて、原宿や渋谷を通って代官山まで歩くのが最近のお気に入りの散歩コースです。

K.M それけっこう遠くない?(笑)

m.k 歩いてみると実はそんなに遠くないんですよ。あとは、月に一回くらいはボルダリングに行っています。
今度、社内の健康増進企画でボルダリングをするイベントがあるので、すぐに応募しました。

  • 社内でも多くの繋がりがあるのですね。現在担当されている業務について教えてください。K.M 私たちのチームは大手SNSのメディア担当をしていて、主にはSNSに掲載されている広告の運用をし、広告効果の最大化とメディアの収益化支援を目指しています。他にも、担当しているSNSに掲載する広告案件を獲得するため、メディアプランナーのサポートをしたり、媒体社とやり取りをして手に入れたアップデート情報を社内外に共有したりする仕事があります。

    私自身は広告運用の仕事を担当していないのですが、チームの先頭に立って、媒体社とやり取りをする窓口となったり、チームマネージャーとしてメンバーからの相談に乗ったり、メンバーが広告運用をしやすい環境づくりをしたりしています。

M.K 私は主に広告運用を担当しています。一人で数社の広告会社の案件を担当していて、チーム全体の予算はもちろん、自分自身の目標予算を達成するためにどうアプローチすべきかということを常に考えて、掲載した広告の効果が最大になるように取り組んでいます。また担当しているSNSにより多くの広告を掲載してもらえるように、社内のメディアプランナーに売り込みをしたりしています。

m.k 私も主に広告運用を行なっていますが、それ以外に社内での勉強会を実施したりもしています。社内のメディアプランナーや他のメディアの担当者に、私の担当しているSNSの特徴や、広告の効果を最大化するためのテクニックについて教えています。

パソコンに向き合って仕事をする以外にも、多くの仕事があるのですね。皆さんは同じチームからお越しいただいていますが、チームの雰囲気はいかがですか?
m.k 私たちのチームはすごく仲が良くて、誰かが誕生日のときにはチームでお祝いをしたりしています。同期からは「うちのチームでもやりたい」と羨ましがられています(笑)

K.M メンバーがよく「今日はあの人が誕生日ですよ」と声をかけてくれるので、ケーキを買ってきて、その日の業務終了後に時間をとって祝うような感じですね。

m.k あとバーベキューをしたりもしましたよね。私は今年(2018年10月時点)新卒で入社をしましたが、いい意味で学生時代に思っていた人間関係とは違っています。入社前はもっと一人一人壁を作っていて、仕事上の関係しかないのかと思っていました。

K.M 全体として社内の平均年齢が若くて、中途で入ってくる人も新卒で入ってくる人も多い会社です。特に私たちのチームはSNSを扱っているので若い社員が多く配属されていることもありメンバー同士の人間関係もかなり良いと思います。

  • 良い雰囲気の中で働けるのは魅力的ですよね。そういった人間関係は、業務にも生かされていますか?
    M.K 忙しい中でも、ピリピリするということがないですね。先輩にも質問しやすいと思います。「いま先輩が忙しそうだから質問しづらい」ということはほとんどありません。

    K.M 数年前、中途入社の社員がチームに大量に入ってくる時期があって、仕事のクオリティの維持が難しい時期がありました。「誰がどう教えるか」が決まっていなかったので、とても大変でした。その時に「教えるときはこう教える」というマニュアルをきちんと作ったことで、新しく入ってきた人にチーム全員がきちんと指導をできるようになったので、新人が入ってきても困らなくなりました。またそれによって、誰かが休んでも周りの人で助けあえるような仕組みも作ることができました。それを中心になって進めてくれたのは、当時新卒入社2年目の社員でしたね。

m.k 私はまだ配属されて半年ですが、一つ一つの案件をしっかり任せていただいています。大手広告会社の案件も先輩と二人で担当させていただき、社内外問わず様々な人と関わる機会が増えてきました。ただ現在は任されていることだけで精一杯になってしまっているので、広告の運用だけでなく、媒体社にもっと踏み込んだサポートができるようになりたいと思います。

  • 新しく入った人が自立していくための仕組みがチーム内でもできているのですね。最後に今後の目標をお聞かせください。m.k これまでは一つのSNSだけを担当してきたのですが、最近は別のSNSの広告運用も担当するようになりました。できることの幅が広がってきているということだと思うので、一人で複数のSNSを完璧に運用できるようになりたいです。

    M.K チームでは頼られることもかなり多くなってきて、中核メンバーになりつつあると思います。これからは先輩に頼るだけでなく、自分の意見を通して、チームを動かしていきたいです。また広告運用の面でも、色々なメディアを扱えるマルチプラットフォームプレイヤーとなれるように、より活躍の幅を広げていきたいと思います。

K.M チームメンバーは活躍するための仕事を用意すれば、高いクオリティで返せるようになったと思います。今後に関しては、さらに上のステップに進むために「もっとこれがやりたい」と自ら言えるようになってほしいです。長いキャリアの中で、ずっとこのチームにいるわけではないので、他のメディアや職種、業界全体についても勉強してほしいですし、チームマネージャーとしてそういったことができるような環境を作っていきたいと考えています。

チームマネージャーと若手という、それぞれの立場から語っていただきました。
ありがとうございました。

※入社年度、その他インタビュー内容は2018年10月31日時点のものです。